【タロット解説】ワンド9「備えあれば憂いなし」

タロットカードの小アルカナ・ ワンド9(Nine of Wands / 棒の9) は、形勢不利であることを暗示しています。こちらからは仕掛けず、きたるべき時に備えておくことで未来に繋がるでしょう。警戒心を読み取れるカードです。

ワンド9の性質は

「防衛」

このページでは、ワンド9の基本的な意味やキーワード、恋愛・人間関係・仕事における解釈、「例えばこんな場面がワンド9で言い表せる」といった内容をご紹介しています。

ワンド9 絵柄の説明

  1. ひとりの男性がワンドを握り締めて立っています。肩越しに周囲をうかがうその表情は険しく、警戒心に満ちています。
  2. 頭には包帯が巻かれています。この戦いで彼は既に負傷していますが、それでもまだ戦おうとしているのです。
  3. 背後には8本のワンド。自陣の防衛ラインとして彼が立てたのでしょう。あるいは、彼の陣地に攻め込む敵側のワンドに見えますか?
  4. 彼が手に持つワンドは、後ろのワンドから取られた1本のようです。

ワンド9 正位置

ワンド9 正位置の基本的な考え方

ワンド9が意味するのは、ゴールを目前にした最終防衛ラインです。ワンド7で有利な立場にいた男性は、ワンド8のチャンスを活かせなかったのでしょうか、今や 苦境 に立たされています。

過去の痛手から学んだ彼は 警戒心 を強くし、万全の備えで戦いに望みます。素晴らしい未来を手に入れるために、不屈の精神で耐え抜こうとしているのです。

ワンド9 正位置のキーワード

  • 警戒
  • 防御
  • 防衛
  • 用心深い
  • 慎重
  • 緊張状態
  • そなえる
  • 身構える
  • 疑ってかかる
  • 辛抱
  • 逆境
  • 不屈の精神
  • 虎視眈々
  • 忍耐
  • 背水の陣
  • 形勢不利
  • 分が悪い
  • 用意周到
  • 防衛戦
  • 長期戦
  • 持久戦
  • 膠着状態
  • 守りに入る
  • 待機
  • 境界

ワンド9 正位置、たとえばこんな場面

恋人と喧嘩して、今は相手の出方を待っている状態。

質疑応答で何をきかれてもすぐに答えられるよう、念入りにシミュレーションしておく。

志望校にことごとく落ち、試験はあと1校。残された時間でできる限りの勉強をして備える。

以前行き当たりばったりの旅をしたら散々だったので、今度はスケジュールをガッチリ組んで行く。

ワンド9 正位置 恋愛・人間関係での解釈

ワンド9 正位置 仕事での解釈

ワンド9 逆位置

ワンド9 逆位置の基本的な考え方

逆位置では警戒心が強すぎてしまいます

痛手を負った彼は誰も信じることができず、味方さえ自陣に入れません。その防御があまりにも固いので、味方は彼を見捨て、敵もいずれ諦めますが、周りが見えなくなっている彼は来ない敵を待ち続けるのです。

一方で、状況を甘く見て 油断 している状態を示唆することもあります。または警戒心を解くという解釈もあり得ます。

ワンド9 逆位置のキーワード

  • 固執
  • 頑固
  • 疲労困憊
  • 打ちのめされる
  • 被害妄想
  • 臆病
  • 懐疑的
  • 閉鎖的
  • 閉塞感
  • 殻にこもる
  • ガードが堅すぎる
  • 寄せ付けない
  • 油断
  • 不注意
  • 準備不足
  • 待ちぼうけ
  • 負傷
  • 満身創痍
  • 融和

ワンド9 逆位置、たとえばこんな場面

過去の失恋が深い心の傷として残っている。恋愛に対して積極的になれず、好意を寄せてくれる人がいても遠ざけてしまう。

喧嘩した相手、どうせすぐ連絡が来るだろうと何もしないでいたら、いつの間にか新しい恋人ができていた。完全に見限られていたらしい…。

プレゼンが準備不足で、ライバルに負けてしまった。

ワンド9 逆位置 恋愛・人間関係での解釈

ワンド9 逆位置 仕事での解釈

【ミニコラム】ワンド9の逆位置は、見方によっては「塔」より避けたいカード?

ワンド9が表すのは 防御と忍耐 。正位置では形勢不利ながらいずれ報われる予感がありますが、逆位置では「耐え忍んだのに結果が出ない」という悲しい解釈になってしまいます(大アルカナの「吊るされた男」に似ています)。
それならば、多少荒っぽくも強制的な変化が訪れる「」の方が救いがあるように筆者には思えるのです。

思い詰めた表情をしているワンド9の「彼」は、自分で自分を困難な状況に追い込んでいるようにも見えます。二進も三進も行かなくなったら、自ら築いている壁を思い切って取り払ってみましょう。

ワンド9が実際に出てきたらどう読む?

あなたの出方を待っています。自分から動こうという気持ちはないでしょう。(相手の気持ち)

膠着状態が続くでしょう。(未来・最終結果)

いまは自分から動かないほうが良さそうですが、いつでも応戦できるよう準備だけは抜かりなく。(対策・アドバイス)

上記はあくまでも一例。この他にも ワンド9 の各ポジション別(相手の気持ち・未来・最終結果・対策・アドバイス)リーディング例を、次のページで多数ご紹介しています。

【ワンド9】すぐに使える解釈例

自分で占うのに限界を感じたら

タロット占い師が多数在籍中の【絆】。電話占いだけでなく、メール鑑定も依頼することができます。会員登録で3,000円分の無料ポイントが貰えるので、初回はかなりお得。

無料ポイントで占う