【ソード6の意味と解釈】流れに身をまかせ - 恋愛・仕事・相手の気持ち・未来・最終結果・対策・アドバイス

ソード6 絵柄の説明

  1. 3人を乗せた小舟が漕ぎ出します。座っているのは幼い子供と、その親でしょうか。背中を丸め、何かから身を隠すように全身を布で覆っています。
  2. 手前の水面は波打っていますが、奥は穏やかです。
  3. 遠くに別の陸地が見えます。渡し守は親子を安全な場所へ送り届けようとしています。

ソード6 正位置の基本的な考え方

ソード6には苦境から逃れる人々が描かれています。不安げな背中が印象的ですが、行き着く先は 安全な場所 です。物事が平穏を取り戻しつつあることや、トラブルに巻き込まれずうまく回避できることなどを暗示しています。イラストの渡し守のような 協力者 の存在もあるでしょう。

単に引っ越しや旅行など物理的な 移動 と読むこともあります。あるいは「次の段階へ進む」意味での 移行 と解釈することもできるでしょう。

ソード6 正位置のキーワード

  • 避難
  • 退避
  • 退散
  • 脱出
  • 逃れる
  • やり過ごす
  • 回避
  • 行方をくらます
  • 沈静化
  • 移動
  • 移転
  • 移行
  • 次のステージへ向かう
  • 過渡期
  • 引っ越し
  • 船旅
  • 船出
  • 協力者
  • 助け舟
  • 道連れ
  • 一蓮托生
  • 駆け落ち

ソード6 正位置、たとえばこんな場面

忙しかった仕事が一段落し、ようやく別の案件に手を付けられる。

友人同士のトラブルに介入せず、しばらく距離を置くことにする。

職場の圧力で仕事を辞めざるを得なくなった。ここは一旦受け入れ、然るべき機関に相談に行く。

就職のために地元を離れ、遠い街へ引っ越した。

ソード6 逆位置の基本的な考え方

逆位置のソード6は、逃げたくても逃げられない状況に陥ることを暗示しています。小舟を漕ぎ出し安心したのも束の間、船底から浸水してきて慌てて岸まで戻るイメージでしょうか。こうなれば 覚悟 を決めて波乱に身を投じるしかありません。

ソード6 逆位置のキーワード

  • 波風が立つ
  • 波乱
  • 追い詰められる
  • 追い込まれる
  • 逃げられない
  • 絶体絶命
  • 巻き込まれる
  • 行き場を失う
  • たらい回し
  • 切羽詰まる
  • トラブルの渦中
  • 退路を断つ
  • 腹をくくる
  • 覚悟を決める

ソード6 逆位置、たとえばこんな場面

恋人との関係がこじれたが、職場では毎日顔を合わせなければならず、非常に気まずい。

歯医者が怖くて避けてきたが、この歯の痛みはもう我慢できない。腹をくくらねばならない。

給料日まであと1週間あるのに、財布には1,000円しかない。

ここからは、実際に「 ソード6 」のカードが各ポジションに展開された時のリーディング例をご紹介します。

ここに掲載しているのはあくまでも一例。「退避」という「ソード6」の基本的な意味を踏まえつつ、相談者を取り巻く状況やご自身の直感に応じて、タロットからのメッセージを読み取ってみてください。

ソード6 正位置「相手の気持ち」

次の段階へ進む時だと考えているかもしれません。

助けになってあげたいと思っているかもしれません。

自分に任せて、ついてきてほしいと考えているかもしれません。

波風を立てないよう、うまくやり過ごそうとしているのでしょう。

トラブルに巻き込まれたくないという思いが強いかもしれません。

今の状況から逃れたい、距離を取りたいと考えているかもしれません。

ソード6 逆位置「相手の気持ち」

追い詰められていると感じているかもしれません。

もう逃げられないと感じ、覚悟を決めたのかもしれません。

問題に向き合おうとしていますが、必要に迫られて仕方なくというニュアンスが強いです。

誰にも頼れず、どうすればいいのか分からないのかもしれません。

答えに窮しているのでしょう。

ソード6 正位置 恋愛・人間関係の「未来」「最終結果」

トラブルは沈静化します。状況は少しずつ良くなっていくでしょう。

今までとは違う関係性へと変化するかもしれません。

誰かの助け舟があるかもしれません。

転勤や転職にともなう引っ越しなどで、物理的な距離ができるかもしれません。

旅行の機会があるかもしれません。

ソード6 逆位置 恋愛・人間関係の「未来」「最終結果」

波乱の予感。一度は沈静化した問題が、再浮上するかもしれません。

逃げたくても逃げられない状況に陥りそうです。

頼れる人がいなくなってしまうかもしれません。

嫌でも向き合わなければならない時がやってくるでしょう。

ソード6 正位置 仕事・勉強の「未来」「最終結果」

上昇傾向にあります。このまま流れに乗って行けそうです。

次のステージへ進むため、方向性を見直す時期がやってきます。

転勤や異動などで環境が変化する可能性があります。転職にも追い風が吹いていると言えます。

出張の機会が増えるかもしれません。

ソード6 逆位置 仕事・勉強の「未来」「最終結果」

ほっとしたのも束の間、問題が再浮上する可能性があります。

頼りにしていた人が当てにならず、結局自分で対応することになるかもしれません。

進むことも退くこともできない状態に陥るかもしれません。

解決策を見出せず、行き詰まってしまうかもしれません。

ソード6 正位置「対策」「アドバイス」

危機は脱しました。巻き返しを狙って、まずは態勢を立て直しましょう。

特に引っかかることがなければ、このまま流れに身を任せてみましょう。

場所を変えてみましょう。

トラブルには介入しないほうが良さそうです。巻き込まれる前に離脱しましょう。

一旦、今ある問題を忘れてみましょう。

しばらく旅に出てみるのもいいかもしれません。

ソード6 逆位置「対策」「アドバイス」

曖昧にしていたこと、何となく避けていたことに真正面から取り組むべき時です。

嫌でも向き合うしかないのかもしれません。

誰も当てにはできません。ここは自分で切り抜ける必要があります。

一緒にいて消耗するようなら、一旦、距離を置いてみては。

逆境だからこそ、底力を発揮できることもあるかもしれません。

【ミニコラム】旅行を暗示するカード

ソード6は一般的な意味の他に「 旅行 」を暗示することもあります。ソード6も含め、「旅」の意味を持つタロットカードをここで簡単にご紹介します。

戦車…車や列車による陸路の旅

愚者…行き当たりばったりの長期旅行

ワンド8…飛行機を使うほどの遠隔地への旅

ワンドナイト…現地アクティビティを楽しむ旅

カップ8…徒歩がメインの旅

ソード6(このページ)…船旅、あるいは海を越える旅

旅行を計画して行き先に迷ったら、この6枚だけを使ってワンオラクルで占ってみるというのもいいかもしれません。

自分で占うのに限界を感じたら

タロット占い師が多数在籍中の【絆】。電話占いだけでなく、メール鑑定も依頼することができます。会員登録で3,000円分の無料ポイントが貰えるので、初回はかなりお得。

無料ポイントで占う