【ペンタクル2の意味と解釈】気楽に行こう - 恋愛・仕事・相手の気持ち・未来・最終結果・対策・アドバイス

ペンタクル2 絵柄の説明

  1. 大道芸人のような出で立ちの人物が、両手に持ったペンタクルを器用に操っています。二つのペンタクルを結ぶリボンは無限大のマーク(∞)を形作っています。
  2. 背後には海。船はうねる高波にうまく乗っているようです。

ペンタクル2 正位置の基本的な考え方

ペンタクル2は 軽く気楽な雰囲気 が漂うカードです。全体的にコミカルな絵柄で、深刻さを感じません。イラストに描かれた人物の服装や、どことなくひょうきんな表情、片足をあげて踊っているように見える仕草からもわかります。

背後の海はかなりうねっていますが、船は楽々と波に乗っています。どんな変化にも対応できるということを暗示しているのかもしれません。

「2」の数字が意味する「バランス」はここでも示されていると言えるでしょう。大道芸人はバランス感覚と器用さを発揮し、ペンタクルを取り落とすことはありません。その芸と明るい性格で皆を楽しませてくれます。

ペンタクル2 正位置のキーワード

  • 器用
  • 両立
  • 同時進行
  • 掛け持ち
  • マルチタスク
  • 連続する変化
  • 臨機応変
  • 順応
  • 適応力
  • 要領がいい
  • 抜け目ない
  • 循環
  • やりくり
  • 気楽さ
  • 成り行きに任せる
  • 遊び
  • 軽いノリ
  • 皆を楽しませる
  • ムードメイカー
  • 道化役

ペンタクル2 正位置、たとえばこんな場面

地元仲間と趣味の仲間、別々の飲み会がかち合ってしまったが、うまく時間を配分して両方に顔を出す。

決して多いとは言えない給料で、工夫をしてやりくりする。

特に「こうしたい」という願望はなく、楽しければいいかなという感じ。

勉強やスポーツが得意というわけではないが、明るい性格と人付き合いの器用さでクラスの人気者になる。

ペンタクル2 逆位置の基本的な考え方

逆位置では、ペンタクルを取り落としてしまうイメージがあります。正位置の器用さは 不器用さ に転じ、何事にも余裕がなく手一杯の状態になってしまうでしょう。

軽く気楽な雰囲気も裏目に出て、軽薄で不真面目なイメージに変わります。

ペンタクル2 逆位置のキーワード

  • 不器用
  • うまく立ち回れない
  • 手一杯
  • てんてこ舞い
  • いい加減
  • 不真面目
  • 適当
  • 手を抜く
  • 深みがない
  • 本気ではない
  • 遊び優先
  • 投げやり
  • 面倒くさがる
  • 投げ出す
  • 根気がない
  • 続かない
  • 火の車
  • 自転車操業

ペンタクル2 逆位置、たとえばこんな場面

職場の雰囲気が合わないなどと適当な理由をつけ、バイトを2日で辞めてしまった。

相手のどうでもよい質問に、雑な受け答えをする。

相手から別れを告げられても、引き止めるのが面倒で「それならそれで別にいい」と考えてしまう。

別々の案件を同時進行でこなせず、混乱する。

ここからは、実際に「 ペンタクル2 」のカードが各ポジションに展開された時のリーディング例をご紹介します。

ここに掲載しているのはあくまでも一例。「気楽さ」「器用さ」という「ペンタクル2」の基本的な意味を踏まえつつ、相談者を取り巻く状況やご自身の直感に応じて、タロットからのメッセージを読み取ってみてください。

ペンタクル2 正位置「相手の気持ち」

心から愛している、離れたくない…というわけではなさそうです。一緒にいて楽しいとは思っているでしょう。

先のことについては、あまり深く考えていない様子です。

他の人との関係も大事にしたいのかもしれません。

このまま成り行き任せでいいと考えているかもしれません。

純粋に、あなたに楽しんでほしいと考えているのかもしれません。

ペンタクル2 逆位置「相手の気持ち」

相手は真面目に考えてくれないでしょう。

何かトラブルがあっても、「どうでもいい」という気持ちが強いかもしれません。

あなたに対しては本気ではないと考えられます。

何かに手一杯で、余裕がないのかもしれません。

ペンタクル2 正位置 恋愛・人間関係の「未来」「最終結果」

多少の問題には柔軟に対応していくことができます。

気楽な付き合いになりそうです。楽しいことは楽しいのですが、恋人や親友と呼ぶには物足りないかもしれません。

複数の友人とうまく交流していくことができます。

狭く深くというより、広く浅い付き合いになる傾向です。

どんな人に対しても、その人に合った接し方がわかります。すぐに打ち解けられるでしょう。

ペンタクル2 逆位置 恋愛・人間関係の「未来」「最終結果」

人付き合い自体が面倒に感じてしまうかもしれません。

こちらが真剣でも、相手に雑な対応をされてしまう可能性があります。

どちらかという退屈しのぎのような、中身のない仲になるかもしれません。

周囲の浮かれた雰囲気に、ついていけないかもしれません。

ペンタクル2 正位置 仕事・勉強の「未来」「最終結果」

あなたにとって多少の波は問題にならないでしょう。どんな場面にも柔軟に対応できます。

時流の変化にうまく乗ることができます。

掛け持ち・副業にはよい兆候と言えます。

人を楽しませる仕事に縁があるかもしれません。

その場のムードメイカーとして欠かせない存在になりそうです。

器用に何でもこなせるでしょう。

ペンタクル2 逆位置 仕事・勉強の「未来」「最終結果」

何に対してもいい加減になりがちで、評価が下がってしまうかもしれません。

両立は難しいかもしれません。手が回らなくなってしまうでしょう。

周囲の変化についていけない可能性があります。

仕事や勉強より、遊びに気を取られがち。成績に響くかもしれません。

ペンタクル2 正位置「対策」「アドバイス」

まだ先のことを考える時期ではないのかもしれません。もうしばらくこのまま、成り行きを見守りながら楽しんでください。

状況はそれほど深刻ではないのかもしれません。もっと気楽に考えても大丈夫そうです。

「相手を楽しませる」ことを第一に考えてみましょう。

あえて道化役を演じるのも一つの方法かもしれません。

「広く浅く」を意識してみてください。

ペンタクル2 逆位置「対策」「アドバイス」

同時進行・掛け持ちはどちらも疎かになってしまう可能性があります。どれか一つに絞ってみましょう。

成り行き任せにしすぎると、後戻りできなくなる恐れがあります。もっと主体性を持ってください。

楽な方に流されがちなので、気を引き締めましょう。

「なんとかなる」という気持ちがどこかにありませんか? 簡単に考えていると、足元をすくわれるかもしれません。

【ミニコラム】肩透かしのペンタクル2

ペンタクル2、個人的には非常に「軽い」カードです。楽しげで気楽な雰囲気なのは間違いないのですが、「こうなりたい」という強い意志や願望が伝わってこない……。 主体性がない と言えるでしょうか。

たとえば「夏休みにどこへ行こうか?」とたずねて「どこでもいいよ」と返されるような。はげしく主張しないカードなので、ときに解釈に迷います(※個人の感想です)。

自分で占うのに限界を感じたら

タロット占い師が多数在籍中の【絆】。電話占いだけでなく、メール鑑定も依頼することができます。会員登録で3,000円分の無料ポイントが貰えるので、初回はかなりお得。

無料ポイントで占う