【ペンタクル4の意味と解釈】離したくない - 恋愛・仕事・相手の気持ち・未来・最終結果・対策・アドバイス

ペンタクル4 絵柄の説明

  1. ペンタクルの王冠をいただいた人物が腰掛けています。両足でペンタクルを踏みしめ、両腕で別のペンタクルをガッチリと抱え込んでいる様子からは、「自分が努力して得たものは絶対に手放さない」という意志が伝わってきます。
  2. この人物は街を一望できる場所にいます。その出で立ちからも、彼がこの街の有力者であることは間違いないでしょう。

ペンタクル4 正位置の基本的な考え方

ペンタクル4が意味するのは 所有すること 。1つ前のペンタクル3では、自分の技能を活用して仲間と協調する様子が描かれていました。そして得たのが高い報酬と確かな地位。自身の働きの結果、一定の(特に経済的な)成功を収めた状態を描いているのがペンタクル4です。

ペンタクル全般の「堅実さ」と、「4」の数字が持つ「安定」「不動」のキーワードを兼ね備え、 手堅いイメージ のあるカードですが、保守的で変化を恐れる傾向や、所有することへの執着が正位置でも読み取れます。現在手にしているものを守るため、冒険はしないでしょう。

ペンタクル4 正位置のキーワード

  • 所有
  • 所有物
  • 所有欲
  • 物欲
  • 収入
  • 財産
  • 貯金
  • 貯蓄
  • 経済力
  • 経済的安定
  • 経済活動
  • 手堅い
  • 小金持ち
  • 地位
  • 有力者
  • 独占
  • 手放さない
  • 財布の紐を握る
  • 確保
  • 維持
  • キープ
  • 慎重
  • 保守的
  • 利益優先
  • コレクション

ペンタクル4 正位置、たとえばこんな場面

念願のマイホームを建てた。

今の職場で安定した地位と収入を得ているので、今さら仕事を辞めるつもりはない。

とりわけ相手の経済力に惹かれている。

好きなガチャはコンプしないと気がすまない。

ペンタクル4 逆位置の基本的な考え方

逆位置では強すぎる所有欲と考えてみましょう。「自分のものを自分の管理下においておきたい」という 支配欲 も読み取れます。自分が手にしているものを守るのに必死で、お金の余裕はあっても心の余裕がありません。執着すればするほど、自分にとって本当に大事な物は手を離れていく。そんなことを伝えようとしているのかもしれません。

ペンタクル4 逆位置のキーワード

  • 貪欲
  • 強欲
  • 欲張り
  • 私腹を肥やす
  • 執着
  • 固執
  • しがみつく
  • 目先の欲にとらわれる
  • 独り占め
  • 買い占め
  • 支配的
  • お金や権力に物を言わせる
  • お金がすべて
  • がめつい
  • 拝金主義
  • 成金
  • 私利私欲
  • 過剰に貯め込む
  • 出し惜しみをする
  • 手から離れる
  • 損失

ペンタクル4 逆位置、たとえばこんな場面

店に残っていたトイレットペーパーを買い占める。

もう愛情はないが、経済的な問題があって別れられない。

友達の恋人を奪ったが長続きせず、結果的に友達・恋人の両方を失ってしまった。

自室がガチャのコレクションで溢れかえり、足の踏み場もない。

ここからは、実際に「 ペンタクル4 」のカードが各ポジションに展開された時のリーディング例をご紹介します。

ここに掲載しているのはあくまでも一例。「所有」という「ペンタクル4」の基本的な意味を踏まえつつ、相談者を取り巻く状況やご自身の直感に応じて、タロットからのメッセージを読み取ってみてください。

ペンタクル4 正位置「相手の気持ち」

あなたを離したくないという気持ちがあります。

いまあるものを守りたいという意志が感じられます。見方を変えれば、冒険はしたくないということでしょう。

いまの状態を維持していきたいと考えているかもしれません。

どちらかというと経済面の安定を重視する傾向にあるかもしれません。

変化に富んだ刺激的な日々より、安定した暮らしを重視しているようです。

ペンタクル4 逆位置「相手の気持ち」

あなたに対して強い執着心を抱いている可能性があります。

自分は絶対に折れないと意固地になっているかもしれません。

変化を拒む気持ちが強いようです。

人を自分の所有物のように考えているところがあるかもしれません。

見境なく何でも手に入れたいと考えているかもしれません。

お金さえあればいいと考えているフシがあります。

ペンタクル4 正位置 恋愛・人間関係の「未来」「最終結果」

大きな動きはなさそうです。現状維持が続くでしょう。

変化することよりも、今あるものを大切にすることを選びます。

純粋な親愛の情と言うより、打算的な面がある付き合いとなりそうです。

場合によっては相手を独占できるのかもしれません。

ペンタクル4 逆位置 恋愛・人間関係の「未来」「最終結果」

愛情というより執着が強くなりそうな暗示です。

大事な人が離れていってしまうかもしれません。

相手が何かと口を出してくるかもしれません。

離れたくても離れられない状況になるかもしれません。

ペンタクル4 正位置 仕事・勉強の「未来」「最終結果」

成績は一定の水準をキープできるでしょう。

昇格・昇給が期待できるかもしれません。

継続的な案件の話が出るかもしれません。

チャンスを独占できるかもしれません。

経済的には安定します。暮らしに余裕も出てくるでしょう。

損をすることはなさそうです。

まったく新しいものを生み出すのではなく、今まで積み上げてきたものを活用する形になるでしょう。

安定はしていますが変化に乏しく、刺激を求めている人には物足りない仕事かもしれません。

ペンタクル4 逆位置 仕事・勉強の「未来」「最終結果」

今の地位や所有物などを手放す時がくるかもしれません。

実利を重視するあまり、人が離れていってしまう可能性があります。

まとまった出費があるかもしれません。

時代の変化に対応できず、減収の一途を辿るかもしれません。

自分のやり方にこだわりすぎて、成果を上げられないでしょう。

ペンタクル4 正位置「対策」「アドバイス」

冒険をする時ではありません。手堅く行きましょう。

現状維持を第一に考えてみてください。

いま手にしているものは離さないようにしてください。

将来に備えて、貯蓄をしておきましょう。

お金を貯め込むだけではなく、散財しない程度に使うことも考えてください。

ペンタクル4 逆位置「対策」「アドバイス」

所有すること自体が負担になっているようです。思い切って手放してみてはいかがでしょうか。

手放せるものは手放しましょう。

特定のものや人に対する執着心が原因かもしれません。

欲張るとすべてを失うことになりかねません。

節約もいいですが、ある程度の出費も必要だと考えましょう。

これはお金では解決できない問題のようです。

損得勘定を抜きにして考えてみましょう。

【ミニコラム】ペンタクル4と皇帝の違い

「4」という数字と、真正面を向いて座る男性の構図から、ペンタクル4は大アルカナの「皇帝」に通ずる部分があります。カード全体に漂う「安定」「不動」のイメージは共通していますね。

一方「皇帝」が堂々とした姿で描かれているのに対し、ペンタクル4はお金をしっかり抱えてどこか「小さくまとまっている」感じがあります。ペンタクルの旅はまだまだ続きます。「ここで守りに入ってしまっていいのか」ということを告げているのかもしれません。

自分で占うのに限界を感じたら

タロット占い師が多数在籍中の【絆】。電話占いだけでなく、メール鑑定も依頼することができます。会員登録で3,000円分の無料ポイントが貰えるので、初回はかなりお得。

無料ポイントで占う