Antares Tarot

【セルフリーディング】サイト運営の3ヶ月を占う
> リーディング例

【セルフリーディング】サイト運営の3ヶ月を占う

当サイトAntares Tarotは2019年8月にスタート。それ以来タロットカードの解説記事を少しずつ執筆してきましたが、2020年6月下旬、ようやく全78枚分の公開が完了しました。

その少し前の2020年6月始めに、このサイトの直近3ヶ月(6月・7月・8月)の見通しをタロットで見ておきました。どんなカードが出たのか、そこから暗示される未来はどうか。自分なりのリーディングをご紹介します。

タロット関連本のイメージ
広告

amazonおすすめのタロット関連本

amazon.co.jpへ

タロットのスリーカードでこのサイトの3ヶ月を占う

自問:タロットカード78枚分の記事作成も終わりが見えてきた。
今後3ヶ月(6月・7月・8月)のサイト運営の見通しについて知りたい。

自答:スリーカード・スプレッドで見てみよう。

展開されたタロット

タロット スリーカード・スプレッド

すべて正位置で出ました。

展開されたカードに正位置が多いと、物事が順調に進んでいくイメージがあります。今回展開されたのは小アルカナだけですが、全体的にはいい雰囲気と言えるでしょう。

6月

タロット カップ8

展開されたカード:
カップ8(正位置)

「一区切りだが、道半ば」

カップに背を向けて立ち去る人物が印象的なカップ8。何かが終わり、一区切りつくことを表していますが、道半ばのニュアンスが強いです。「記事執筆は一段落するが、サイト運営はまだまだこれから」…そのようなメッセージが読み取れます。

占ったのは6月始めで、この記事を書いているのは6月下旬。振り返ってみると、確かにカップ8が暗示する通りの1ヶ月だったと思います。

7月

タロット ペンタクル9

展開されたカード:
ペンタクル9(正位置)

「目に見える成果が出そう」

ペンタクル9は、それまでの努力が報われて成果が出ることを意味します。長い時間をかけてコツコツ記事を増やしてきた自分としては、勇気づけられるカードです。

現実的な性質を持ち合わせているので、目に見える数字(たとえばpv数など)で成果を実感できるのかもしれません。本当にそうなることを願います。

8月

タロット ワンド5

展開されたカード:
ワンド5(正位置)

「ライバル達と肩を並べる」

競争を表すワンド5です。タロット関連の言葉でネット検索すると、検索結果の上位は常に強力なサイトで占められています。当サイトもそこに食い込めるくらいに成長する…ということだったら、いいのですが。

リーディングをまとめると

タロットカード78枚の基本解説は終わり、ある程度の成果も期待できるだろう。
しかしサイト運営は終わりではない。まだまだ伸びしろはある。

自分としては理想的な展開です。

タロットの効能のひとつは、占いの結果を受けて前向きになれることです。未来に明るいカードが出れば「自分は間違っていない、このまま進んでいいんだ」という自信につながり、積極的に行動するため、願いも叶いやすくなるのでしょう。

望ましくないカードが出たとしても、よりよい方向に持っていくために何ができるか、考えるキッカケを得られます。

ということで、今回の結果が本物となるように、前向きな気持ちでサイト運営を続けていきたいと思います。